経口避妊薬の飲み忘れには注意、また副作用で体重増加も

経口避妊薬は、その名の通り、避妊をするために内服をする薬です。避妊を希望するときに産婦人科を受診すると、薬を処方してもらうことができます。現在は経口避妊薬として使用される低用量ピルは、保険診療外の薬となっています。そのために希望する場合は自費で処方を受ける必要があります。この低用量ピルは排卵を抑制させる働きを持ちます。そのために受精卵が着床しにくい、そして精子が子宮に入りにくいという状況を作り出すのです。そして避妊薬としての効果を発揮するのです。そしてこの経口避妊薬は病院でも飲み方を指導されますが、毎日定期的に飲むことが重要だとされています。飲み忘れがあった場合に、避妊の効果が半減して、妊娠をする可能性があるかもしれないからです。もし一錠を飲み忘れた場合、そして二錠飲み忘れた場合と、それぞれ対応の仕方が変わってきます。気が付いてすぐ飲むとよいとされる場合もありますが、飲む間隔の問題もあるので、もし飲み忘れの場合は、病院に相談をするのが一番良い方法です。これは電話でも相談に乗ってもらうことが可能です。規則正しく飲むために自分の生活リズムを整え、内服を習慣づけることが大切ですね。また経口避妊薬を飲み始めると、体重が増えるのではないかと心配する人もいます。これは女性ホルモンのバランスが崩れることによって考えてしまうからでしょう。また女性の体重は生理やむくみなどとも関連していることが多いので、そのように考える人も多いのかもしれません。しかし、経口避妊薬を飲んでいても生理はありますし、ホルモンは調節しているので、体重が増加するという心配はないと言われます。そのために安全性が確立された効果の高い薬といえるでしょう。