経口避妊薬が月経困難症に効き目があるわけは

月経困難症とは、生理期間中の下腹部痛や腰痛などの生理痛が重く、生活に支障をきたすほどの症状のことです。吐き気や頭痛、イライラ、下痢なども含まれます。子宮内膜症や子宮筋腫など、疾患が原因となって起こるタイプを器質性月経困難症と呼び、それ以外のタイプを機能性月経困難症と呼びます。
機能性月経困難症は、子宮内膜に含まれるプロスタグランジンの過剰分泌が主な原因とされています。プロスタグランジンは、血液の排出を促すために子宮を収縮させますが、過剰に存在していると子宮が強く収縮して痛みも強くなります。
経口避妊薬には、2種類の女性ホルモン「エストロゲン」と「プロゲステロン」が含まれていて、排卵を抑制する他、子宮内膜の増殖を抑える作用もあります。その結果、プロゲステロンも少なくなって、生理痛に効き目があるという仕組みです。子宮内膜の厚みがなくなることで、経血は少なくなり、過多月経にも効き目があります。
子宮内膜症がある場合、知覚神経は子宮内膜まで分布して、子宮内膜が剥がれる月経のたびに、強い痛みを感じます。経口避妊薬は、神経を増殖させる因子も抑えられるので、神経の分布が減り、子宮内膜症による痛みを改善することができます。
経口避妊薬は機能性月経困難症と子宮内膜症による器質性月経困難症に効き目があり、治療薬として保険適用されている経口避妊薬もあります。
その他、経口避妊薬は、排卵抑制作用と子宮内膜を薄く維持する作用によって、卵巣がんや子宮体がんなどのリスクを低下させるという副効用もあります。このように、経口避妊薬は、継続的に使用することで、高い避妊効果に加えて、多くのメリットがあることが分かっています。